NEWS

アニメ

2021年アニメ化決定!!

音楽朗読劇創作の第一人者とも称され、数々のオリジナル作品を世に送り出し続けている劇作家・藤沢文翁が原作・脚本・演出を担当し、メインビジュアルを人気漫画家・唐々煙がつとめた大人気・音楽朗読劇「MARS RED」。その音楽朗読劇が2021年にアニメ化されることが発表された。オリジナル朗読劇からのアニメ化はTVアニメーションの歴史の中でも初となる。同時にアニメ化のみならず、様々なメディアミックスを図る「MARS REDプロジェクト」marsred-pj.netも発表された。

アニメ化に先駆け、すでに2019年11月から、原作・藤沢文翁、漫画・唐々煙により、月刊コミックガーデン(マッグガーデン刊)でコミック化され、連載がスタートしている。アニメは引き続き、唐々煙のキャラクター原案を生かし、キャラクターデザインを竹内由香里(「ノルン+ノネット」キャラクターデザイン、「鬼滅の刃」各話・作画監督)が担当する。

また、シリーズ構成・脚本は、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」脚本、「BLOOD+」監督・シリーズ構成・演出・脚本でおなじみの藤咲淳一。音楽は、音楽朗読劇にて藤沢と長年タッグを組んでいる村中俊之。音響監督はなんと原作者藤沢が自らつとめることになり期待大のスタッフ陣が揃う。そして、アニメーション制作はIGポートグループのSIGNAL.MDが行う。

アニメの舞台は、大正時代・・日本政府は、対ヴァンパイア機関「第十六特務隊―通称零機関」を密かに配備した・・。その世界観がわかるアニメのあらすじやメインビジュアルも届いた。

キービジュアル

記事一覧に戻る